診療理念

診療理念

私たちの思い。

それは、予防中心型歯科医療の提供で『虫歯になってから治す、痛いところだけを治す』のではなく『患者さんが虫歯や歯周病にならない口腔環境を作り、健康的な日々を送れるための医療を提供する』ことを診療の柱にしております。

予防中心型歯科医療とは、予防メインテナンスの重要性を患者さんにご理解いただき『歯が悪くならないようにお口の中全体を検査し、その原因を除去するやり方』だと言えます。

そして『健康を回復したお口の状態を生涯にわたり守り育てる』ことを当院は最大の目標としています。

診療方針

ひとりひとりに最適な医療を提供するために。

  1. 安心安全
  2. 確かな技術
  3. メインテナンス

1. 安心安全とは、院内の治療環境を整えるということです。そのため日本の基準(クラスN滅菌器)を超えるヨーロッパ基準(クラスB滅菌器)を使用しています。患者さまのお口の中に触れるものは器具に応じて滅菌しています。ヒューマンエラーをなくすよう、タービン等は注油器を使用した後パッキングして滅菌しています。

2. 歯科医師は、特に専門分野をもつ専門医が治療を行い状況に応じて各種専門医と連携を計ります。また、歯科衛生士、歯科技工士との細やかな連携によって、患者さんへ包括的な治療を提案、提供します。常に最先端の医療を患者さんに提供できるよう、スタッフ一同研鑽を重ねております。

3. メインテナンスとは健康を守り育てることです。より安全でご安心いただける院内環境下で、詳細なデータにより診査診断を行い、しっかりした治療計画を立案し治療することによってお口の中の問題を改善し、健康になった口腔内を守り育てます。


アクセスマップ

▲ PAGE TOP